周囲の人はどのように接すればいいの?

周囲の人はどのように接すればいいの?

  • うつ病を理解する。
    うつ病とはどんな病気か、理解してください。 最近はうつ病に関する書籍がたくさん出版されています。もしくは Web で うつ病 を検索すれば、たくさんの情報を得られるでしょう。
  • 励まさない
    うつ病にかかった人の多くは、もともと頑張り屋さんです。いつも頑張っていたのに苦しんでいるのです。 これだけ頑張っているのに と思っています。本当は頑張りたいのに、心も体も言うことがきかなくて頑張れない。 そういった悩みをもっている人に対して、頑張って などという励ましの言葉は余計に相手を追い詰めてしまいます。 何もせず、温かく見守ってあげることが何よりも支えになります。
  • 共感の気持ちを示す
    話を聞く場合には、こうすれば良い などというアドバイスよりも、それは辛いね など、共感の気持ちを心から示してあげましょう。
  • 外出や運動を無理に勧めない
    うつ病治療の基本はお薬と療養です。ゆっくり休ませてあげてください。心と体にたまった疲れを取ってあげることが大事です。 特に、気分転換になるからなどといって、無理にコンサートやスポーツ観戦などに連れて行くと、かえって逆効果になります。
  • 考えや決定を求めない
    うつ病の人に決断を迫ると、真剣に悩んでしまいます。考えを求めると、つい 100 % の答えを探そうとしてしまいます。 出来るだけ追い込まないように気をつけてあげてください。
  • 日常生活上の負担を減らす
    責任感が強い人が多いですから、具合が悪い時でも無理して家事をしようとしてしまいがちです。 できるだけご家族の方が家事などを負担することで、ゆっくりと休むことが出来ます。
  • 通院に付き添い、受診に同席する
    あなたがご家族なら、医師からの正しい情報をたくさん得るために、出来るだけ受診に同席しましょう。 うつ病の人が受取る情報量と、健康な人が得る情報量も違うと思います。 それに、うつ病に対する正しい理解が深まります。
  • お薬をきちんと飲んでいるか観察する
    何事にもおっくうになって、お薬を飲まななってしまう人がいます。 またうつ病は症状が良くなったり悪くなったりを繰り返しながら治っていく病気です。 うつ病の人が、症状が軽くなると自分の判断でお薬を飲むことをやめてしまう人もいます。 お薬を飲まないと、寛解するのを遅らせる原因となります。 きちんと寛解するまで飲みつづけるようにサポートしてあげてください。
  • 出来ることと出来ないことを見分ける
    経験から申しますと、適切な種類のお薬を適量服用し続け、充分な休息をとることが出来れば、自分のやりたいことを行うことが出来るようになります。 しかし家事や仕事など、ストレスのかかる作業を集中して行うことはとても困難です。 周囲の方は、本人が出来ることと出来ないことを見分け、充分な配慮をしてあげて下さい。
  • インターネットの利用
    うつ病の人にとって、インターネットは非常に有用です。欲しい情報は本屋に行かずとも検索できますし、欲しい物品はインターネット ショッピングで入手できます。 友人と会うのも億劫な状態の場合には、メールやメッセンジャーといった手段で手軽にコミュニケートすることが可能です。 自分の体調に合わせ、人間関係の深さをコントロール出来るのも、本人にとって負担にならず良いといえます。 インターネットをやる元気があるのに他のことは出来ないのかなどと思わずに、インターネットだからこそ出来ることもあると認識し、理解を示しましょう。

うつ病の人との接し方(Amazonへの外部リンク)

げんのうつ病闘病記 トップメニューに戻る