うつ病の発病の科学的なメカニズムは?

うつ病の発病の科学的なメカニズムは?

人間の脳は 呼吸をする食べる歩く といった、生きていく上でなくてはならない動作を体に命令する働きを持っています。脳は、体だけではなく心に対しても命令を出しています。意欲食欲 などのような感情や欲求も脳が命令を出しているのです。

脳から体や心に対して発する命令は、神経伝達物質やホルモンなどを仲介しておこなわれます。この神経伝達物質の中でも、特にうつ病に関連があるのは セロトニンノルアドレナリン です。脳内の神経細胞からセロトニンやノルアドレナリンが放出されると、それを 受容体 が受け取り、やる気や欲求などが沸いてきます。

しかし何らかの原因で神経細胞からの放出量が低下すると、脳内のセロトニンやノルアドレナリンの量が低下し、受容体が受取ることができなくなります。これによってやる気や欲求が低下し身体的な症状も現れてきます。いわば 脳内神経伝達物質のバランスの乱れ これがうつ病のメカニズムです。

こうして見ると、心の病気というよりは ストレスによる一時的な脳の機能障害 という方がしっくりするかもしれません。ただ 障害 という言葉は世間一般ではあまり好まれない傾向があり、うつ病についてまとめられている本やウェブサイト等の著作物の多くでは 心の風邪 とやわらかく表現している場合が多いようです。

  • セロトニン
    気分を興奮させる方向に働きます。体温調節、血管や筋肉の調節、運動、食欲、睡眠、安心感などに関わっています。 不足すると、体温調節が出来ない、筋肉のこわばり、運動能力の低下、食欲不振、不眠、不安などの症状が出てきます。
  • ノルアドレナリン
    神経を興奮させる神経伝達物質です。不安や恐怖、覚醒、集中力、記憶、積極性などの働きがあります。 不足すると、不安、恐怖、陶酔、集中力の低下、記憶障害、おっくうになるといった症状が出てきます。

なぜセロトニンやノルアドレナリンの放出量が減少してしまうのか、医学的な原因は実は分かっていません。臨床試験などによってセロトニンを増やすお薬で症状が改善されることが分かり、脳内のセロトニン量がうつ病と密接に関連していることが分かってきた、ということは事実です。まずは投薬によって症状を抑え、心身ともにゆっくり休養を取ることが治療の第一歩になります。

げんのうつ病闘病記 トップメニューに戻る