抑うつ度チェック - ベックのうつ病調査表 (BDI テスト)

概要

このページでは、ベックのうつ病調査表 (BDI テスト) をもとに、現在の抑うつ度をチェックすることが出来ます。 カウンセリングや治療が必要なうつ状態なのか、目安として判定します。

この BDI テストは、初めて認知行動療法理論を始めた、アメリカのペンシルバニア大学の精神科医アーロン T ベック博士によって考案されたもので、 抑うつの程度を客観的に測る自己評価表です。 定期的に BDI テストを行うことによって、自分自身の気分の傾向を数値として測定します。 自分自身を客観的に見つめることができ、うつ病判定のひとつとして利用できます。

判定方法

各項目をよく読んで、最近 2、3 日のあなたの気分に一番近い答えのボタンを押します。21 の全ての項目に答えます。 最後に「チェック」ボタンを押すと、あなたの現在の抑うつ度が数字として表示されます。 「リセット」 を押すと全て初期化することができます。 判断に迷う設問の場合、感覚的に一番近いものを選びましょう。

ベックのうつ病調査表

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

判定結果

 点数は 点です。

点数うつ状態のレベル
0 〜 10この程度の落ち込みは正常範囲です。憂うつな状態です。
気分転換をしたり、信頼できる友人と時間を共にすると良いでしょう。
11 〜 16軽いうつ状態です。危険信号です。
悩みごとがある場合、信頼できる友人に相談するか、精神科の先生に相談しても良いでしょう。
17 〜 20臨床的な意味でのうつ状態との境界です。専門家の治療が必要です。
21 〜 30中程度のうつ状態です。専門家の治療が必要です。
31 〜 40重いうつ状態です。専門家の治療が必要です。
40 以上 極度のうつ状態です。専門家の治療が必要です。
問9の答え
点数の結果による分類だけではなく、問9の答えも注意してください。
"自殺したいと思う" または "チャンスがあれば自殺するつもりである" にチェックをつけた方は、自殺を真剣に考えている危険性があります。精神科医もしくはカウンセラーの診察を受けることをお勧めします。

※ このページは いやな気分よ、さようなら デビッド T バーンズ 著より引用しました。

げんのうつ病闘病記 トップメニューに戻る